*アフィリエイト広告を利用しています

専業主婦でもお金を借りたいと思う瞬間は当然あります。しかし、専業主婦は働いている訳ではないので社会的信用がなく、何よりも返済能力がありません。

では、専業主婦は借り入れができないのかというと、そうではありません。実は、特定の条件を満たせば、借り入れをすることができます。

専業主婦でもお金を借りたい!

配偶者に安定した収入がある方なら収入がなくてもお金を借りることができます。お金を借りる方法はフリーローン・カードローン・クレジットカードのキャッシング枠・信販会社など様々な種類がありますが、専業主婦が個人で借りられるのはカードローンだけです。

主婦の借り入れは総量規制に注意

理由の一つに総量規制というものがあります。総量規制とは2010年に行われた貸金業法改正によるもので、申込者の年収1/3までしか融資を認めないというものです。

例えば年収120万円の方なら40万円まで借り入れ可能というわけですね。すでに他社から30万円借りていれば10万円までということになります。

この総量規制の対象となるのは消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシング枠・信販会社による借り入れです。

銀行カードローンは対象外

一方で銀行カードローンやフリーローンは総量規制の対象外となります。そのため年収による借り入れ制限を受けることはありませんが、誰でも借りられるわけではなく、返済能力を確認するために審査が行われます。

専業主婦でも大丈夫!総量規制対象外の銀行カードローン

カードローンを利用するためには審査をクリアする必要がありますが、そもそもカードローンの審査を受けるためには、「本人に安定した収入があること」という条件が付きます。

ということは、収入を得ていない無職の人や収入が安定しない人は、カードローンに申し込むこと自体ができないということになります。

専業主婦は実質的な無職ですから、この条件に当てはめて考えると、申し込み不可となるわけですが、専業主婦に限っては、無職でも借り入れができる特別な仕組みがあります。それが「配偶者貸付制度」です。

ただし、配偶者貸付制度を利用するためには、総量規制の対象外であることが必須となるため、あらかじめ規制対象外のカードローンを把握して申し込みをする必要があります。

配偶者貸付は旦那の同意が必要だから必ずバレる?!

配偶者貸付制度とは、配偶者の収入を家計全体の収入として扱うことで、専業主婦であってもカードローン契約をする仕組みです。要するに、配偶者の収入を基準に審査が行われるので、無職の専業主婦でもカードローン契約ができるわけです。

しかし、多くの配偶者貸付を行っているカードローン会社は、配偶者の同意書の提出が必須となっています。ということは、内緒でカードローン契約をすることができないのでは?と思ってしまうところですが、決してそんなことはありません。

確かに、配偶者の同意が必要な状況は多いですが、必ずしも配偶者本人が同意書を作成しなければいけないというわけではありません。また、そもそも書面で提出する必要がないカードローン業者もあります。

専業主婦もカードローンなら即日で借り入れできる

専業主婦がカードローン契約をするためには、総量規制対象外であることが条件の一つになってきますが、総量規制対象外のカードローンは、主に、銀行系カードローンになります。

消費者金融系カードローンの代名詞とも言える即日融資ですが、銀行系カードローンの場合は、即日で借りることは、比較的割合が少なくなってしまいます。メジャーな銀行系カードローンならば即日融資に対応しているものが多いですが、事前に銀行口座を開設しておかないと即日融資が利用できないなどの注意点もあります。

消費者金融系ほど選択肢の幅がないことを意識し、しっかりと選んでから申し込みをすることが大切です。

申し込みからどれくらいで借りられるの?

消費者金融であれば申し込みから最短1時間で融資を受けることができます。銀行カードローンの場合は、消費者金融ほどのスピード感はありませんが、最短即日融資と考えておけば問題ありません。

融資を受ける時間は申し込み時間によって大きく変わるので、できるだけ早い時間に申し込むことが大切です。午前中に手続きを完了していれば、その日のうちに対応してくれる可能性が高まります。

専業主婦は最高いくらまで借り入れできる?

総量規制対象外のカードローンを利用せざるを得ない状況になるということは、明確な借り入れ上限がないカードローンを利用するということになります。もし、契約する人が専業主婦でなければ、年収や返済能力に応じて借り入れできる金額が変動します。

もっとも、この仕組み自体は専業主婦がカードローン契約をする場合でも同じなのですが、現実的に本人以外の返済能力を頼って契約する配偶者貸付の場合は、おおよそ30万円を借り入れ上限として設定しておくと良いです。

更に大きな借り入れができる場合はもちろんありますが、初回契約時に関しては30万円を上限とした契約になると考えておくと、極端な借り入れを希望して非承認になってしまうリスクを回避できます。

まとめ

本来、働いている人しか利用できないカードローンですが、専業主婦の場合は配偶者貸付を利用して契約することができます。

しかし、この制度は、配偶者の属性や信用を借りて契約するというような形になるので、同条件の一般的な契約内容よりも制約が大きくなります。即日融資の利用も可能ですが、借りる金額についてはできるだけ少なく設定しておきましょう。