大学生や大学院生として学生生活を送っていると、様々な付き合いから出費が付き物となります。

アルバイトである程度稼げるものの、両親からの仕送り額が減少している現状では、奨学金ばかりに頼れません。

学生であっても、アルバイト収入があればカードローンを利用できるとしっておくと良いでしょう。

目次で内容をパッと理解する

ハードルは高くない!学生のカードローンで絶対に外せない条件とは?

学生すべてがカードローンの契約をできるわけではなく、金融業者も慈善事業では無いので、一定の条件を満たした場合のみ契約可能としています。

利用規約を確認すると共通して書かれている学生がカードローンを利用するための条件は、次の2点が特に重要です。

満20歳以上であること

大学生や専門学校生といった学生のうち、カードローン契約ができるのは、満20歳以上に限られています。

なぜなら、カードローンは証書貸付とは異なり、一度利用限度額が設定されるといつでも好きな時に必要な金額を借入可能だからです。

カードローン契約は法律行為ですから、未成年者は親権者の同意なしに単独で法律行為を行えません。

借入の都度、親権者の同意を取り付けることは現実的に不可能なので年齢による制限が設けられています。

アルバイトなどの安定した収入があること

学生全てがカードローン契約可能なわけではなく、レギュラーバイトといった週数日以上働く毎月一定の安定した収入が見込める場合のみ申込可能です。

金融業者は、返済能力を見ているので、収入の多少よりも安定してシフト勤務していることが重要となります。

すぐに借りられる?学生のカードローンは即日融資じゃないと意味がない!

学生がカードローンを利用しようと考える際には、切羽詰まった状態というケースが少なくありません。
サークルの会費だけでなく、学費の一部に充当する場合には、納入期限が迫っているからです。

スマホから24時間ネット申し込み可能

学生の大半が持っているスマホならば、24時間いつでもネット申し込みが可能です。

会社とは異なり、学生は電話連絡を行なう時間的な余裕があるので、午前中に申し込みしておけば、昼過ぎには審査に通過しているでしょう。

土日祝日も自動契約機で簡単契約

土日祝日ならば、消費者金融と一部の銀行が設置している自動契約機を利用すれば、即日融資を受けられます。

自動契約機では本人確認書類と収入証明書を持参すれば、1時間程度で審査結果が出るからです。

Dr.フランチェスカDr.フランチェスカ

学生でも条件が揃っているなら即日融資を受けられるわ。

【即日融資】今すぐ借りたい人に即日キャッシングするコツを解説!

学生のカードローン審査は厳しい?!優位に進めるためのポイント

学生がカードローンへ申し込みを行なう際には、審査が厳しかったら困るという人も多いはずです。

しかし、学生だからという理由で審査が厳しくなるわけではなく、安定した収入があり返済能力があることを証明できれば十分です。

初めてカードローンを申し込むケースが多くなるので、審査を優位に進めるためのポイントを知っておく必要があります。

審査基準はかわってくるの?

カードローン申し込み時には、学生専門ローンとは異なり、審査基準が学生だから異なることはありません。

属性審査としては、アルバイト勤務として申告することになるので、実際の収入に仕送りを含めるかどうかで総収入が変わってしまうでしょう。

収入証明書をしっかり提示して審査を受ければ、恐れることはありません。

希望限度額は低めにする

学生アルバイトで稼げる収入は、授業の履修時間には働けないために限界があります。

アルバイト歴がさほど長くない場合には、希望限度額を低めに申告して審査を受けて、まずは審査通過を目指すことが重要です。

学生の間に多額の借入を行なうことは、返済が厳しくなるのでしっかりと返済管理ができるようになってから増額申し込みを行えば良いことです。

Dr.フランチェスカDr.フランチェスカ

希望借入れ額を少なくすると審査通過率が上がるわ。以下の記事で詳しく解説しているから参考にしてみて。

少額融資なら不安なカードローンの審査通過する確率があがる3つの理由

複数のカードローンに申し込まない

支払期限に間に合わせるために、複数のカードローンに申し込みをしてしまいがちです。

しかし、学生のアルバイト収入で返済できる範囲は限られているので、
複数のカードローン申し込みは貸し倒れリスクを金融業者へ警戒させてしまう原因となります。

アルバイトの勤続年数は長いほうが有利

金融業者がカードローン審査で重視する項目は、収入の多少よりも毎月継続して返済可能な金額です。

アルバイトの勤務年数が長ければ、すぐに収入が途絶えて返済不能に陥る可能性が低いことが分かります。

安定した返済能力が見込めると判断できれば、審査に有利となるでしょう。

消費者金融に申し込む

カードローン商品を展開している金融業者には、消費者金融だけでなく銀行もあります。

しかし、銀行カードローンでは、収入が多い社会人に対する融資を積極的に行っている傾向が強いので、
学生は柔軟な審査を期待できる消費者金融へ申し込むと良いです。

Dr.フランチェスカDr.フランチェスカ

消費者金融なら学生専用のカードローンもあるわ。

学生のカードローン審査でみんなが気になることとは?

学生が申し込みを行なう融資の中で、カードローンはいつでも利用限度額の範囲内で繰り返し借入と返済が行える金融商品です。

まとまった金額を一度に融資する証書貸付とは異なるので、カードローン審査について気になることをチェックしておくと良いでしょう。

保証人・親の同意書は必要なの?

カードローンを申し込める年齢は、満20歳以上となっているので、既に成人していることから親の同意書は必要ありません。

保証人についても必要ありませんが、銀行カードローンを利用する時のみ指定の保証会社との審査と契約が別途必要です。

限度額はどのぐらいになるの?

利用限度額は、学生のカードローン利用では10万円という金額が1つの目安となります。

文系学部の大学生ならば、アルバイトを多く入れている人がいるので、年収の1/3以内の範囲で利用限度額設定がされるケースが少なくありません。

本人確認書類は学生証でもOK?

本人確認書類として1点で有効となるものは、公的機関が発行した運転免許証やパスポートだけでなくマイナンバーカードといったものが該当します。
住民票や健康保険証については、金融業者ごとに2点以上の提示で有効とする金融業者が多いです。

しかし、学生証については本人確認書類として金融業者が利用規約に規定していないので、本人確認書類としては弱いために認められないことが多いです。

あすかあすか

身近で信用度の高い証明書は顔写真付きの免許証です。

免許証だけでお金を借りる?!本人確認だけでOKなカードローンを徹底解説!

在籍確認の連絡はどこにいくの?

カードローンの申し込みでは、返済能力が確認されることになるので、アルバイト先へ在籍確認電話が入ることになります。

本人が出る必要はありませんが、対応次第では審査落ちの可能性が出てしまうので、クレジットカード申し込みをする予定とアルバイト先へ申告しておくと良いでしょう。

携帯料金の支払い遅延や滞納は影響ある?

カードローン審査では、個人信用情報機関へ信用情報照会が行われて、過去から現在に至るまでの金融事故履歴を確認されます。

携帯電話料金の支払い遅延や滞納は、料金単体であれば影響はありません。

携帯電話本体を割賦販売契約により分割払い購入して携帯電話料金と合算請求している場合には、カードローン審査に影響が出ます。

延滞と呼ばれる61日以上または3ヶ月以上に渡る長期滞納を発生させた場合には、延滞記録が個人信用情報機関へ異動情報として登録されます。

携帯料金の滞納はマズい!カードローン審査で必須の信用情報に悪影響!?

親バレしない!学生は内緒でカードローンを利用できる?!

学生でも、アルバイトなどで安定した収入があれば、カードローン契約ができます。

もちろん、審査を突破しなければいけないという条件は残りますが、身の丈に合った範囲であれば十分に可能性があります。

しかし、問題は「内緒でお金を借りることができるのか」でしょう。

いわゆる「親バレ」を回避するためにはどうすれば良いのか、安心して学生ローンを利用するためにはどうすれば良いのかを知れば、上手な対策法も分かります。

親と同居の場合

学生ローンを利用してお金を借りる場合、親バレのリスクを把握することが大切です。

親と同居している場合には、自宅への郵便物を無くすことと、連絡先として自宅の電話番号を登録しないといった工夫を行なうと良いでしょう。

申込方法を工夫するだけでも、自宅への郵便物からカードローン契約がバレる可能性を減らせます。

オススメのカードローン申し込み方法

インターネット経由で申し込みを行ない、専用ローンカードを自動契約機で受け取れば、自宅へ本人限定受取郵便が届く時に送り主の金融業者名でバレることが無くなります。

自動契約機へ直接申し込みに行く方法も有効ですが、事前にインターネット経由で審査を済ませておけば、時間の節約にもなるでしょう。

同居で気を付けるべきポイント

WEB明細を申込めば、自宅への利用明細票送付を止められます。

カードローン申し込み直後には、専用ローンカードを自宅に郵送されないように、自動契約機コーナーでの受け取りを希望するか、最初からカードレスタイプのカードローン契約としてしまう方法があります。

郵送物は、受け取る時にバレるリスクがあるのはもちろんですが、受け取った後の管理をしっかりとしないと意味がありません。

契約時は比較的気をつける人も契約後は、少し無頓着になることが多くなるので注意が必要です。

一人暮らしの場合

一人暮らしを行っている場合、利用明細票をシュレッダー処理しなかったり、WEB明細への切り替えを行わなかったりすれば、突然訪問してきた両親に見つかる可能性があります。

財布の中身を整理するだけでなく、カードローンを利用していることが分からないように、自宅へ届いた郵便物の処理は定期的に行なうことが望ましいです。

気を付けるべきポイント

一人暮らしだからという理由で、カードローン利用明細票の管理を怠るケースが目立つので、ペーパーレス化を進めておくと良いです。

また、財布の中身を確認する両親も少なからず存在するので、カードレスタイプのカードローンも選択肢に入れておくと安心できます。

もしも返済を怠ると、、、

カードローンをカードレスタイプにしたり、利用明細票をWEB明細に切り替えたりしたとしても、約定返済日に返済できなければ、電話連絡と並行して自宅に督促状が送付されてしまいます。

電話連絡では、基本的に審査担当者も金融機関名は決して名乗らず、あくまで個人名にて連絡するのですが、それでも勘のいい親ならば気づいてしまうこともあるでしょう。

こう言った事態を回避する上でも、連絡先の電話番号は自宅ではなく自身の携帯電話などに設定しておく必要があります。

また、携帯番号と緊急連絡用の自宅番号を併記するものもありますので、これらの場合にはどのような要件で自宅に連絡が入る可能性があるのかをきちんと確認しておくことが重要です。

督促状を送付されてしまうと、親にバレてしまうリスクが急速に高まります。

返済が間に合わないと分かった段階で、先に金融業者へ返済相談を行えば、督促状の発送が行われないように返済方法見直しを行なってもらえる可能性があります。

学生のカードローン利用で一番大切なこと!返済の重要性とは?

学生時代に利用を開始したカードローンは、利用限度額が小さい間は大した問題になりません。

しかし、借入と返済のバランスを考えた上で利用しなければ、後でしっぺ返しを貰う可能性があると知っておく必要があります。

返済遅延をおこすとどうなるの?

返済遅延を起こした段階で、電話連絡による督促と自宅への督促状発送が行われます。

更に滞納が続いて、61日以上または3ヶ月以上の滞納に達すると延滞という扱いになります。

延滞に達すると、個人信用情報機関へ異動情報として延滞の事実が記録され、延滞解消から最大5年間は延滞事実が継続的に個人信用情報機関へ掲載され続けます。

異動情報に延滞事実が残っている間は、新たなカードローンやクレジットカード契約ができなくなるでしょう。

個人信用情報に記録されることとは?

個人信用情報機関に記録される内容は、毎月の返済が約定通りに行われているか定期的に記録されます。

延滞事故や任意整理・個人再生・自己破産といった債務整理を行なうと、異動情報という欄に金融事故を起こした事実が記録されます。

返済が遅れそうな時は事前連絡を!

全ての金融業者では無いものの、返済が遅れそうになった時には、約定返済日よりも前に金融業者に対して事前連絡を行なうことで、対処方法をアドバイスしてもらえます。

消費者金融では、元金と利息を合わせた約定返済額全額の返済が難しければ、金利のみの支払いを約定返済日よりも前に連絡した場合に限り、正当な返済として認めてくれると知っておきましょう。

卒業後の生活にも影響はある?

学生時代に利用したカードローンは、卒業に際して行なう就職活動や将来組む住宅ローンに対しても影響を及ぼす可能性があります。

社会人になってから新規カードローンを組む際にも、返済をどのように行なったかが信用履歴として判断材料となります。

学生時代に金融事故をおこしていない場合

学生時代に利用したカードローンの返済が確実に行われ、金融事故を起こしていなければ、返済を恙なく行なった事実は、信用実績として積み上げられます。

信用履歴が多いほど、既存のカードローン利用限度額引き上げや住宅ローン審査でも有利に働くことが少なくありません。

一度完済させた履歴があるだけでも、完済した事実が大きな意味を持つわけです。

学生時代に金融事故をおこしてしまった場合

学生時代に金融事故を起こしてしまうと、個人信用情報機関の異動情報欄に金融事故として掲載されてしまいます。

就職活動を行なう際に、金融業界やクレジットカード作成が必須とされる海外出張が多い業種へ就職する際に不利になりがちです。

少なくとも金融事故履歴が異動情報欄にあれば、クレジットカードの新規作成は異動情報が消えるまでできません。

カードローン審査に通らない理由を考えてみた!ローンが組めない人には共通点がある!?

学生のカードローンはどんな目的に使ってもいいの?

学生がカードローンを契約する際には、利用目的に制限が設けられていないので、本来は好きな目的に使用可能です。

しかし、返済見込みが無い状態で遊興費に費やすことは、なるべく避ける必要があります。

学生がキャッシングする理由とは?

一部の裕福な家庭に生まれ育っていない限り、学生生活では常に金欠状態が起きやすいです。

授業が無い時間には、同じ学部やサークルの人達と遊びに行き交流を深めることも無駄なことではありません。

返済に充てるためにキャッシングを利用する際には、借入先を増やしすぎないように計画的な利用が求められます。

多目的ローンなので大丈夫

カードローンの利用目的は原則として自由とされているので、一部のカードローンでは借り換え目的のみ禁止されていますが、基本的な生活費決済のためならば多目的利用が認められています。

しかし、利用規約で禁止されている用途については、事前に把握しておかなければなりません。

ただし起業などの事業資金はNG

カードローンは、日常生活で必要となる生活費決済を目的として活用されることを前提として融資が行われています。一度に使用する金額は、あまり大きくならないわけです。

しかし、事業資金となると、一度に使用する金額が返済能力を一気に超えてしまうので、事業資金として利用することは禁止されています。

カードローンの申し込み前に必ず考えてほしいこと!

学生がカードローンの申し込みをする前には、本当に借入が必要なのかじっくり考えてから決断する必要があります。

借りたら返さないといけないので、返済計画とセットで考えると良いでしょう。

利用目的はハッキリしている?

学生の収入には限りがあるので、カードローンの利用目的がハッキリしているか、冷静になって無駄使いをしないように注意しなければなりません。

本当に借りる必要がある?

利用目的が決まった後で、本当に借入が必要なのか熟慮期間を設けると良いでしょう。

衝動的な借入を行なうと、返済で苦労することになるので、必要性が明確になるまで借入を待つことも重要です。

完済日を決めた返済計画をシミュレーションできる?

カードローンを利用すれば、一度に多額の借入も可能です。

しかし、返済計画をシミュレーションした上で完済に至るまでの道筋を立てなければ、返済不能に陥る可能性があります。

学生ローンとカードローンの違いとは?

学生が利用できるローンには、利用限度額の範囲内で借入と返済がいつでもできるカードローンだけではありません。

学生ローンとして広告がされている金融商品は、専用ローンカードが発行されずに、利用目的と借入希望額を申告して審査し、一度にまとめて融資を行なう証書貸付があります。

カードローンの金利は高い代わりに、必要額を必要な時に借入可能な点がメリットです。

学生ローンは、追加融資を受けるためには新たな審査を受ける必要がある点に違いがあります。

キャッシング枠がついてる学生専用クレカという手もある

「お金を借りる」というだけならば、必ずしもカードローンにこだわる必要はありません。

即日融資など、即効性の高い借金の方法としては多少劣りますが、学生でも作れるクレジットカードのキャッシング枠を利用するという方法もあります。

金利はカードローンより高め

学生専用もしくは学生でも作ることができるクレジットカードのうち、キャッシング枠が付帯しているものは多くありません。

ただ、中には学生でもキャッシング機能の付いた契約ができる場合もあるので、そのキャッシング枠を使ってお金を借りることができます。

すでにクレジットカードを持っている場合は、そのカードを使ってすぐにでもお金を借りることができます。

しかし、いざお金が必要な状況になってからクレジットカードの申し込みを始める場合は、長い時で1か月以上かかることもあります。

なので、「今日中にお金が必要だ」という状況では、即日発行が可能なものしか選ぶことができません。

また、カードローンと比べて20%前後と金利が高めに設定されていることも少なくないので、借りた後の負担はカードローンよりも大きくなる可能性がるという意識を持っておくことが大切です。

利用枠は5万円程度

学生専用クレジットカードのキャッシング枠では、数万円程度の借り入れにしか対応していないことが多いです。

もしカードローンを利用した場合ならば50万円の借り入れができるような状況であっても、学生専用クレジットカードでは10万円以下しか利用できないことも珍しくありません。

必要な金額が十分にカバーできるかどうかを確認しておかないと、改めて別の方法を検討しなくてはいけなくなることもあるので注意しましょう。

まとめ

学生がカードローン契約を行なう際には、学生だから特別に優遇されるわけではなく、定期的なアルバイト収入を基にした審査を受ける必要があります。

カードローンの利用規約には、満20歳以上と記載されていることは、未成年者は親権者の同意無しに契約を単独で行えないからです。

カードローン審査は、収入の多少よりも本人に信用力がどのくらいあるのかを審査するので、希望限度額を低くして申し込みすれば、審査に通過できる可能性が高まります。

学生の収入は少ないので、返済計画を事前にシミュレーションした上で、本当に必要と思われる時のみ利用する必要があります。なぜなら、金融事故を起こすと将来の信用履歴にキズがつくからです。

約定返済をしっかり行えば、信用履歴として将来の金融取引に有利に働くことも覚えておくと良いでしょう。